2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BOOKMARK

無料ブログはココログ

« 俺夏/剣岳【その壱】 | トップページ | ソフト+ジェラート »

俺夏/剣岳【その弐】

【二日目】
朝から良い天気sun
しかも重たい荷物から、アタックザックへ切り替えて
荷物の重さ5キロ未満。軽過ぎて羽が生えた感じ(笑Dsc00099
最初の難関はベースから標高差500m上がった所に有る
剣御前小屋まで。そこから見える前剣は素晴しいの一言。Dsc00115

快適な稜線歩き。
Dsc00118

実は前剣山頂に行くまで、コレが剣岳だと思ってたんですが
前剣から見る剣岳は、更に威風堂々って感じの山。
流石は岩と雪の伝道と言われるだけ有ります。Dsc00129
そして剣岳の一般ルート側の名物?
カニの縦ばい。垂直に鎖が掛かってて、確かに縦(笑
皆さん慎重に登るから渋滞発生中。。。Dsc00132
縦ばい途中から下を見たらこんな感じ。Dsc00133
高度感は有りますが、鎖も足場も有って見た目より簡単。
ココを越えたら直ぐに山頂で標高2999m。
Dsc00136
山頂の三角点、リアル点の記(笑Dsc00139
一般ルートから北側、池ノ平へ続く稜線は一応立ち入り禁止。
所謂バリエーションルートです。
もう少しテクニックが身に付いたらチャレンジしたいですね。Dsc00140
ピークに立って満足したので、下山しますが
ここで再び名物?カニの横ばい。Dsc00145
先を行く登山者が壁に貼り付いてますが。。。Dsc00148
実際歩いたら、そんなに貼り付く必要無い感じで、真っ直ぐ歩けます。
まぁ、慎重に越した事は無いですが。
ヅラさんにカメラ向けたら、わざと貼り付きポーズ。
そんな格好で歩いたら危ないですから(笑Dsc00149_2
そして最後は梯子で難関部フィニッシュ。Dsc00151
この梯子持って来た人が凄いです。感謝。

そんなこんなで雷鳥沢へ戻って来たのが13時半。
行動時間8時間でした。
夕方から天気下り坂だったので、ガスが来る前に帰還です。Dsc00163

【最終日】
前日夜中に降ったは雨が止んでましたが
テントは水滴だらけ。
天気予報確認したら、午前中に少し晴れ間が出るはずだったので
立山周遊は諦めて、テント乾かす間の時間潰しに奥大日岳のピストン。Dsc00169
ガスが掛かってて、眺望も期待出来ないので
トレーニングモードでダッシュdash

Dsc00171
コースタイムの半分の1時間で山頂ゲット。
完全にピークハンターです(笑Dsc00174
ピークをゲットして雷鳥沢に戻ったら雨が降ってて
予定外でしたが、まぁ仕方無し。
カッパ着てテント撤収、今回の山行を締め括りました。
次は何処行こうかな?

« 俺夏/剣岳【その壱】 | トップページ | ソフト+ジェラート »

コメント

お疲れさん♪
ア、アカン・・・、岩に張り付く姿、写真で見てるだけでもケツの穴がむずがゆく・・・。(^_^;)
ボクには一生無理!
代わりにいろんな山のレポ、よろしくね!(笑)

osatohさん>
案外簡単ですよ(笑
是非チャレンジしてみてね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213667/52417696

この記事へのトラックバック一覧です: 俺夏/剣岳【その弐】:

« 俺夏/剣岳【その壱】 | トップページ | ソフト+ジェラート »