2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BOOKMARK

無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

ハワイ

久しぶりの更新(汗

遅めの夏休みで初のハワイへ。
前回のラスベガスから比べたら、近いしツアー代金も安いです。
そのせいか日本人の多いことcoldsweats01
街には日本語が溢れてて、全く英語出来ない私でも
何とかなる場所でしたね(笑
Img_0259
Img_0336
私自身は海水浴とか全然しないタイプの人間なので
今回は観光とショッピングがメイン。

英語出来ないのに、アメリカ製のフレーム買ったろうと
意気込んでチャリ屋に突入するも品揃え無くて撃沈・・・
ハワイ限定?ボトルだけ10$にて購入。
Dsc00248
ノースショアのパタゴニアにて何点かゲット。
アメリカで見たら適性価格ですね。日本は高すぎ。Dsc00278

因みに有名なチームのスポンサーって電気屋なんですね。
ラジオ局?とか勝手に想像してましたわ。
Img_0234

身体が鈍るといけないので、早朝にロコ(地元民)のマネして
ワイキキビーチからダイヤモンドヘッドまでJOGもしてみた。Dsc00269

朝日を浴びて帰還。
久しぶりに涼しい所で運動した感じですわ(笑
Dsc00271_2
日本に帰国したら、暑さで閉口したのは言うまでも無いです。

ソフト+ジェラート

連休後半に村パパ師匠ご一行と美山牛乳練して来ました。
新メニューでソフトクリーム+ジェラートのコラボが発売されてましたので
迷わずゲットです(笑
10時開店と同時に入店しましたが、流石に連休だけあって行列が出来てましたね。
暑い時期はコレに限ります。
Dsc00180
走りの方は負荷を上げた時の持続時間を長く取れる様に修行しないと
武闘派の特急列車を引くのはツライ感じだったけど
とりあえずは気持ち良く走れました。

この日は日吉経由で市内まで帰還でしたが、私は秘密基地に帰還。
夜は花火鑑賞してマッタリ過ごしました。Dsc00206
もう少ししたら、涼しくなって走り易くなるかな~
その前にグリムが有るからMTBも少しは乗らないとねcoldsweats01

俺夏/剣岳【その弐】

【二日目】
朝から良い天気sun
しかも重たい荷物から、アタックザックへ切り替えて
荷物の重さ5キロ未満。軽過ぎて羽が生えた感じ(笑Dsc00099
最初の難関はベースから標高差500m上がった所に有る
剣御前小屋まで。そこから見える前剣は素晴しいの一言。Dsc00115

快適な稜線歩き。
Dsc00118

実は前剣山頂に行くまで、コレが剣岳だと思ってたんですが
前剣から見る剣岳は、更に威風堂々って感じの山。
流石は岩と雪の伝道と言われるだけ有ります。Dsc00129
そして剣岳の一般ルート側の名物?
カニの縦ばい。垂直に鎖が掛かってて、確かに縦(笑
皆さん慎重に登るから渋滞発生中。。。Dsc00132
縦ばい途中から下を見たらこんな感じ。Dsc00133
高度感は有りますが、鎖も足場も有って見た目より簡単。
ココを越えたら直ぐに山頂で標高2999m。
Dsc00136
山頂の三角点、リアル点の記(笑Dsc00139
一般ルートから北側、池ノ平へ続く稜線は一応立ち入り禁止。
所謂バリエーションルートです。
もう少しテクニックが身に付いたらチャレンジしたいですね。Dsc00140
ピークに立って満足したので、下山しますが
ここで再び名物?カニの横ばい。Dsc00145
先を行く登山者が壁に貼り付いてますが。。。Dsc00148
実際歩いたら、そんなに貼り付く必要無い感じで、真っ直ぐ歩けます。
まぁ、慎重に越した事は無いですが。
ヅラさんにカメラ向けたら、わざと貼り付きポーズ。
そんな格好で歩いたら危ないですから(笑Dsc00149_2
そして最後は梯子で難関部フィニッシュ。Dsc00151
この梯子持って来た人が凄いです。感謝。

そんなこんなで雷鳥沢へ戻って来たのが13時半。
行動時間8時間でした。
夕方から天気下り坂だったので、ガスが来る前に帰還です。Dsc00163

【最終日】
前日夜中に降ったは雨が止んでましたが
テントは水滴だらけ。
天気予報確認したら、午前中に少し晴れ間が出るはずだったので
立山周遊は諦めて、テント乾かす間の時間潰しに奥大日岳のピストン。Dsc00169
ガスが掛かってて、眺望も期待出来ないので
トレーニングモードでダッシュdash

Dsc00171
コースタイムの半分の1時間で山頂ゲット。
完全にピークハンターです(笑Dsc00174
ピークをゲットして雷鳥沢に戻ったら雨が降ってて
予定外でしたが、まぁ仕方無し。
カッパ着てテント撤収、今回の山行を締め括りました。
次は何処行こうかな?

俺夏/剣岳【その壱】

今回は普通の登山と言う事で、ヅラさんと立山の雷鳥沢から
剣岳へアタックする事としました。

まずは立山駅の無料駐車場で何時も通り準備。Dsc00026
但し、何時もと違うのは荷物の大きさ。
雷鳥沢にベースキャンプを張るので、食事も少しは贅沢に・・・
って考えたら大量の荷物
久しぶりに75Lのリュック引っ張り出してきてパッキングしたら
25~30キロ位?流石に重いsweat01
Dsc00027_2

そんな重たい荷物を担いで立山駅。Dsc00030
ケーブルとバスを乗り継いで約1時間で標高2400mの
室堂バスターミナルへ到着~
バスターミナルを出たら、目の前は雄山。Dsc00035
ここから遊歩道を通って地獄谷へ
入口に脅しの看板が出てます。Dsc00044
全然平気でしょ?!とか思って、地獄谷に到着したら
辺りは硫黄の臭いがプンプン。Dsc00049
喜んで写真撮ってたら、大量に火山ガス吸い込んで
咳き込むは、鼻は出るわで大変な事に(汗
速攻で通り抜けたら今回のベースキャンプ地、雷鳥沢のテン場が見えてきた。Dsc00058
初めて来ましたが、ロケーション最高
温泉有って、水も豊富、トイレも綺麗と言う事無し。
ズラさんのテントと隣合って設営完了。Dsc00091
次の日は剣岳、コースタイム約11時間なので
早めに就寝して備える事としました。

その弐へ続く。

劔岳

立山雷鳥沢に張ったベースキャンプから劔岳往復終了。行動時間は8時間也。
劔岳名物?カニの縦バイ、横バイってどんな感じか楽しみにしてたけど、鎖がしっかり張って有って、超安全でした。
明日天気良ければ立山周遊して帰るつもりだったけど雨たいなので朝からテト畳んで撤収の予定。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »