2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BOOKMARK

無料ブログはココログ

« 神坂峠ヒルクライム | トップページ | 美山牛乳練 »

糸魚川+白鳥山

またまた100Gさんのお誘いで沢登りに同行する事となりました。
場所は糸魚川から程近い白鳥山の大滝谷。
北アルプスの一番端の山で標高も1200M程。
余裕でしょとか思ってたら、後で痛い目を見る事に・・・

せっかく前日入りするので、糸魚川GFで走った所を少しおさらい。
スタート&ゴールの道の駅もガラガラ。
Img_2878
海岸線のサイクリングロードもガラガラ。Img_2881
現地に夕方着だったので、50キロ位走った所で終了。
100Gさんと合流後は、オススメの寿司屋でImg_2886_2
特上ちらし寿司を食す。流石に海が近いだけ有って美味也。Img_2885
明日はいよいよ沢登りなので、ビールも控えめにして就寝sleepy

明けて金曜日。今日もいい天気。
って言うか、天気良すぎて暑過ぎsunImg_2887
駐車場から30分位林道歩いて入渓。Img_2888
この3段突堤を抜ける高巻きと藪漕ぎで1時間近く格闘。Img_2889
ここを抜けたら、この沢の核心部7mの滝にアタック。Img_2891
トップを順調に行くも、残置ハーケンが抜けて6mの高さからドボンsweat01
100Gさんでドボンなら、私は確実にOUTですsweat02
Img_2897
確保してたとは言え、ちょっと焦ったな~やっぱ沢は危ないwobbly
これ以上のアタックは断念して、急斜面を高巻き。
ここを抜けたら暫くは穏やか。

Img_2907_2
そして第二の核心部、すり鉢状の滝。Img_2908
上部の狭い所に苦労したけど、何とか登って・・・
色々な滝を登ってる間に、いつの間にやらカメラに浸水して故障down

しかも時間は押してくるし、日は落ちて来るけど
標高をまだまだ上げないと、目的の避難小屋に到着しない。
こりゃ急がないと本格的にマズイね・・・って事で
ピッチを上げて登りますが、入渓してから10時間
流石に疲労も蓄積して思う様に身体が動かないsweat02

やっとの思いで、水が切れる源頭域まで登ったら
今度は急斜面を這って上がって、稜線は鬼の藪漕ぎwobbly
上は藪は薄いはずって言ったの誰だ~~
辺りは薄暗くなって来て、ここで道を外すとビバーク決定。
まさしくプチ遭難状態。
ベテランの二人が居たので、焦らずに対処出来ましたが
本当にマズイ状態でした。

最後は暗くなったので、ヘッドランプ出す事にして
ゴソゴソ準備してる時にベテランのズラさんが藪を突破してフィニッシュ。
助かったぜcrying

そして予定意通り、避難小屋で一夜を明かしましたが
沢水で入れた焼酎の水割りが美味かった。。。

今回も色々と勉強出来た山行となりました。
次はノーマルに山登るかな(笑

« 神坂峠ヒルクライム | トップページ | 美山牛乳練 »

コメント

暑い夏、最高のオトナの川遊びですね~、ウラヤマシイ・・・。
しかしプチ遭難、写真を撮る間もなかったのか、ヤバさ加減が伝わります。(^_^;)
無事帰還でよかったね!

楽しそうだし興味もあるけど、コワイコワイ…(笑)。

osatohさん>
プチ遭難時は写真撮ってる余裕も無かったですが
何よりカメラ水没して壊れました・・・
やっぱりチャリダーは防水カメラですねcoldsweats01

滋賀オガさん>
比良山系に沢山有るらしいですよ~
是非!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213667/52254629

この記事へのトラックバック一覧です: 糸魚川+白鳥山:

« 神坂峠ヒルクライム | トップページ | 美山牛乳練 »