2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BOOKMARK

無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

美山牛乳練

今日は久しぶりにkote先輩と美山牛乳練。
先週の白鳥山で怪我した右足が、まだ少し腫れてるので
先輩に先頭引いてもらって、後ろで無理せずに・・・

ここの所の猛暑が嘘みたいに涼しくて、朝のうちは21度。
超快適な気温で良い練習となりました。

本日の走行距離:100キロ

そして、これまた先日の白鳥山で水没したカメラの代わりに
防水デジカメ導入shine
SONY DSC-TX10也
決め手は、重量と広角側が25mmだった事。
K0000217423_0001_2

これで、少し激しい山やジャージのポッケにそのまま入れても大丈夫な筈coldsweats01

糸魚川+白鳥山

またまた100Gさんのお誘いで沢登りに同行する事となりました。
場所は糸魚川から程近い白鳥山の大滝谷。
北アルプスの一番端の山で標高も1200M程。
余裕でしょとか思ってたら、後で痛い目を見る事に・・・

せっかく前日入りするので、糸魚川GFで走った所を少しおさらい。
スタート&ゴールの道の駅もガラガラ。
Img_2878
海岸線のサイクリングロードもガラガラ。Img_2881
現地に夕方着だったので、50キロ位走った所で終了。
100Gさんと合流後は、オススメの寿司屋でImg_2886_2
特上ちらし寿司を食す。流石に海が近いだけ有って美味也。Img_2885
明日はいよいよ沢登りなので、ビールも控えめにして就寝sleepy

明けて金曜日。今日もいい天気。
って言うか、天気良すぎて暑過ぎsunImg_2887
駐車場から30分位林道歩いて入渓。Img_2888
この3段突堤を抜ける高巻きと藪漕ぎで1時間近く格闘。Img_2889
ここを抜けたら、この沢の核心部7mの滝にアタック。Img_2891
トップを順調に行くも、残置ハーケンが抜けて6mの高さからドボンsweat01
100Gさんでドボンなら、私は確実にOUTですsweat02
Img_2897
確保してたとは言え、ちょっと焦ったな~やっぱ沢は危ないwobbly
これ以上のアタックは断念して、急斜面を高巻き。
ここを抜けたら暫くは穏やか。

Img_2907_2
そして第二の核心部、すり鉢状の滝。Img_2908
上部の狭い所に苦労したけど、何とか登って・・・
色々な滝を登ってる間に、いつの間にやらカメラに浸水して故障down

しかも時間は押してくるし、日は落ちて来るけど
標高をまだまだ上げないと、目的の避難小屋に到着しない。
こりゃ急がないと本格的にマズイね・・・って事で
ピッチを上げて登りますが、入渓してから10時間
流石に疲労も蓄積して思う様に身体が動かないsweat02

やっとの思いで、水が切れる源頭域まで登ったら
今度は急斜面を這って上がって、稜線は鬼の藪漕ぎwobbly
上は藪は薄いはずって言ったの誰だ~~
辺りは薄暗くなって来て、ここで道を外すとビバーク決定。
まさしくプチ遭難状態。
ベテランの二人が居たので、焦らずに対処出来ましたが
本当にマズイ状態でした。

最後は暗くなったので、ヘッドランプ出す事にして
ゴソゴソ準備してる時にベテランのズラさんが藪を突破してフィニッシュ。
助かったぜcrying

そして予定意通り、避難小屋で一夜を明かしましたが
沢水で入れた焼酎の水割りが美味かった。。。

今回も色々と勉強出来た山行となりました。
次はノーマルに山登るかな(笑

神坂峠ヒルクライム

毎年恒例?神坂峠ヒルクライムへ参加して来ました。
距離にして13キロ、標高差1000M、平均勾配8.1%と
結構マゾい大会ですが、参加は今年で3回目。
毎年同じコースを走るので、1年前の自分と比較出来てしまう
言い訳出来ない大会なのです・・・Img_2861
現地では愛知県のキクさんと久しぶりにお会いして近況の報告。
体重が増えて気になるのは、共通の悩みですね(笑
Img_2864
10時になったら一斉にスタート。
これから始まる一時間の道のりを思うと、毎度ながら気が重いですcoldsweats01
Img_2865
スタートしてからは、師匠がスタートダッシュを決め
トップで犬の様に登って行くのをお見送り。
自分は自分のペースを守って第二集団で抑え目に・・・

そして1時間1分後、やっとの思いでゴール地点に辿り着く。順位は14位也。
今年こそは1時間切りって思ってましたが、そんなに甘く無いですね。
まだまだ修行が足りんよsign03と、山の神様に言い付けられた様です。
一方の師匠は4位と大健闘。タイムも余裕の1時間切り。
ヒルクラ職人はダテじゃ無いですね~

ゴール後は協会の方々に用意して頂いてるカップ麺やお菓子などで
消費したカロリーを超えるカロリーを摂取してpigImg_2866

下山後は近所の温泉でマッタリして〆。

来年こそは、ダイエット成功させて一時間切り目指して頑張りますよ~Img_2873_2

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »