2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BOOKMARK

無料ブログはココログ

« 初パン喰う | トップページ | 屋久島レポ【その弐】 »

屋久島レポ【その壱】

ちょっと前ですが、時間が出来たのでレポ作成(笑

自身2度目の屋久島へ行って来ました。
今回は定番で有る荒川登山口から縄文杉へのルートは外して
少しマニア向け?な九州最高峰、宮之浦岳登頂を目指します。

【初日】
直行便で昼頃到着して、地元の食堂に寄った後で
ベタに千尋の滝で観光。屋久島は急峻で、しかも水量が多いので
大小様々な滝が有るんですが、前回メジャー所には行ったので
ココだけ見てから町に戻って、三岳買い込んで初日は終了。Img_9695
【二日目】
朝5時前に宿を出発して、目指すは淀川登山口。
クネクネ道を小一時間走ってようやく到着。
駐車スペース場狭いから、遅い時間になると停められないかも。Img_9705
ここから1時間歩かないうちに、淀川小屋到着。
基本、屋久島の小屋は避難小屋なので
電気も水道も無し。トイレも携帯トイレ使用が前提なのです。
避難小屋なので使用料は無料ですが、北アの小屋から比べたら
快適度は雲泥の差ですねcoldsweats01
Img_9823_2
ここから先、どんどん標高を上げて行くと
南の島を忘れさせる高層湿原や・・・Img_9722
Img_9733
アルプスを歩いていると錯覚させる様な景色。
流石は洋上のアルプスと呼ばれるだけ有ります。

Img_9735_3
そして登山口から4時間位歩いた所で、目指す宮之浦岳のピークに迫る。Img_9740
嫁さんは流石にヘロって来てましたが、無事ピークハント成功。
1935mで九州最高峰也。

Img_9754
本来なら、ここから先の高塚小屋に宿泊して
早朝、縄文杉~白谷雲水峡へ出るルートが鉄板ですが
流石に都会慣れしてる嫁さんに、避難小屋生活は無理なので
ここから来た道を下山開始で、全行程で約10時間。Img_9826
今度来る機会が有れば、晴れてる時に登りたいけど
宿の主人に聞いたら、月に2日間位は晴れてる日も有るかな?
って言ってた。屋久島で晴れを望むのは贅沢かも(笑

その弐へ続く・・・

« 初パン喰う | トップページ | 屋久島レポ【その弐】 »

コメント

屋久島いいっすなあ。
一度いってみたいと思いつつ、思っているだけなので実行には移らないという悪循環。
ブログ見させてもらって、行った気になっています。
なので、後編も期待しています。

machara さん>
来年から入山規制入るみたいですよ~
是非、今年中に実行に移して下さいね。
きっと満足出来ると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213667/51881968

この記事へのトラックバック一覧です: 屋久島レポ【その壱】:

« 初パン喰う | トップページ | 屋久島レポ【その弐】 »