2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

BOOKMARK

無料ブログはココログ

« 黒部峡谷 | トップページ | リハビリRUN »

阿曽原~池の平ピストン~フィニッシュ

2日目、同行の一人が昨日の行程で
膝の調子を悪くしたとの事で急遽予定変更。

池の平のテン場でキャンプ張るつもりでしたが
ココで温泉療養してもらってる間に、我々2人で
標高2100mの池の平までピストンする事に。
阿曽原温泉が標高860mなので、その差1240m。
登山地図のコースタイムで往復14時間。。。しかし既に7時前。
普通に考えたら到底無理な話ですが
幹事はオフトレでガンガン山に登ってるアスリートだし
私も普段トレーニングしてるし大丈夫!って事で
リュックの荷物を必要最低限にして出発dash

雲切新道は2年程前に作られた新しい登山道ですが
新しい分、整備も未完で道が悪いdownしかも天気良すぎで暑いsun
いいトレーニングだわ!何て余裕も今だけなのを
知る余地も無く・・・

途中、白馬の山並みをクッキリ見る事が出来て感激!_mg_1788_1
そして秘湯仙人温泉へ到着。
_mg_1793
温泉が湧き出ている沢。
ここから小屋まで温泉を引いてるみたいです。_mg_1844
丁度この辺りの紅葉は見ごろmaple
時間が有れば温泉に入りたかったなぁ~。
この先は写真真ん中の沢沿いに登って行きますが
この頃には靴擦れも出来てペースも上がらないdown
急登が半端でなく辛い。。。こんな辛い思いをしたのは6王以来(汗

_mg_1849_2
誰も居ない沢を何とか上りきった先には、疲れを吹き飛ばす絶景shine
裏剣八ツ峰の稜線が目の前にfuji 大迫力です。_mg_1805
いや~登った甲斐が有ったねgood・・・って感極まってる時間も無く
来た道をダッシュで下山sweat01
荷物を最小限にしてたので補給食もパワーバーGELのみ。
そんなに頻繁に補給していた訳で無かったので脚も止まりかけ。
Mr王滝が45分毎に補給しろって言ってたなぁ~何て思いつつ
ハンガーノック寸前になりつつも、何とかベースキャンプまで帰還。
時刻は16時半で往復約9時間。
この行程で両踵に出来た靴擦れは500円玉よりデカイdown
体力は有っても踵までは鍛えてないので、やっぱり一般人は
無理してはイケマセン。山での行動は計画的に。
下手したら遭難します。マジで。

結局この靴擦れのお蔭で3日目は我慢の行程。
普通こんなになったら靴履いて歩く事すら無理でしょうけど
痛みに耐えて歩かないと帰れないのだwobbly
再度、下の廊下を860m~1400mまで登って約8時間。
ダムが見えた時は涙が出そうになったね(笑
(左がベテランアルピニストのヅラさん、右が私)
_mg_1968_2
最後に大町温泉郷でお風呂入って体重計に乗ったら
68キロΣ( ̄ロ ̄lll)
だけど帰りの車中で持って来た食料食べまくって
次の日には戻ってた(笑

色々有ったけど、充実した3日間でした。

« 黒部峡谷 | トップページ | リハビリRUN »

コメント

今回の山行き、私も十分楽しませてもらいました。来年は山も
一緒に行ければいいね。
ところで靴擦れは大丈夫かい?虎姫に向けて万全に調整して
おいて下さいね。親父はテントで監督業するから(笑

KINTAさん>
来シーズンは是非お願いしますね!

靴擦れ、大変な事になってました。。。
帰宅してから一度も外でトレーニング出来ずですdown
もちろん自転車にも乗れてません。
最近になって漸く回復して来ましたが、
靴を履いてのトレーニング再開は未定。。。
何とか来週末までには回復させたいと思います。
最悪はサポートに専念いたします(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213667/42786241

この記事へのトラックバック一覧です: 阿曽原~池の平ピストン~フィニッシュ:

« 黒部峡谷 | トップページ | リハビリRUN »